LED業界の市場調査とこれからの動向

デジタルサイネージ市場は新型コロナウイルスの影響で「非接触型」が求められている今、市場は大変伸びています。
また動画コンテンツでの配信が伸びてきており、さらに配信コンテンツを放映できる媒体がこれから伸びてくると考えられています。

目次

①LEDパネル業界の市場規模

株式会社グローバルインフォメーションの「LEDパネルライト市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会と予測(2021~2026年)」によるとLED業界の市場規模は、2020年度は186億ドル、2021年度のは約8倍の1484億ドル、2026年度の市場規模は約19%増の1771億ドルの予想が立てられています。

LEDディスプレイ業界は部品の小型化に成功しており、より解像度の高い製品で、薄型かつ軽量なLEDパネルに進化しています。

また高輝化や製品の多様化という面では成長しています。

②LEDビジョンに求める「集客力」と「質」

これからの時代、LEDビジョンには「集客力」と「」が求められます。
LEDビジョンの集客力は、影響力があり、ターゲットの視線を集めることが出来る為効率的に集客ができます。
また、映像コンテンツにより、継続して放映が可能な為【休まない営業】が可能です。

また、現在では、ショッピングモールや商業施設、商店街の店舗様等意外にも、公共施設や道路や鉄道、病院や消防施設などにも導入が進んでおりLEDパネルやその他の製品自体の高品質化が求められます。
災害が多い日本で、正しい情報必要な時に届けることが必要であり、その点からも質が重視されます。

実際に、東日本大震災の時も、東京各地で帰宅困難な状況の中、質の良いLEDビジョンは座り込む人々や連絡がつかず不安な人々に情報を届けることができました。
今後もLEDビジョンの品質向上は重要視されると考えられます。

③アナログからデジタルへ

アメリカの「アメリカにおけるデジタル屋外広告費2020(US Digital Out-of-Home Ad Spending 2020)」による調査によると2020年のデジタル屋外広告は2019年から1.9%増加の2840億円。2021年度はなんと19.2%増加の3385億円と成長を続けています。

日本ではコロナウイルスの外出自粛の影響から屋外広告の導入は減少しており、電通が発表した「日本の広告費2020」によると、15.7%の減少でした。

そこで注目されたのが長期で導入するLEDビジョン広告です。広告媒体もターゲットの注目度が必要です。LEDビジョンの特徴である、「明るさ」とサイズの「柔軟性」を駆使して様々な場面で導入が増えました。

また、SNS映えするコンテンツ等で自粛の影響がある中で市場は落ち込まずに保つことが出来ました。

こちらは電車の広告ですが、このような宣伝効果が十分にありそうな紙媒体の広告でも、LEDビジョンを使用すれば、映像コンテンツを変更するだけで、容易に訴求したいポイントをデジタルコンテンツで配信することが可能です。

最近では電車の中のデジタルサイネージも進んでおり、ますますデジタル化が進んで来ています。

LEDビジョンなら、ライトリンクジャパン

弊社は、深圳の株式会社ライトリンクの日本総代理店です。その為「高品質のLEDパネルをリーズナブルに」ご提供が可能です。

また弊社が運営をしているPS Laserでは特殊照明機器を扱っている為、空間デザインをワンストップで行うことができます。
是非この機会にご検討ください。

お問い合わせはこちら