LEDビジョンとSDGsの関係~持続可能な開発目標~

LEDビジョンを使用することによって紙媒体等のアナログ広告よりも、どのような影響を環境にもたらすのか?
世界的に注目されているSDGsとの関係を掘り下げて行きながら、理解を深めて行きます。
アナログ広告からデジタル広告への移行のデメリットも含めて解説します!

目次

LEDビジョンの素材

LEDビジョンはキャビネットは鉄やアルミニウム等の金属で半導体が使われている為、製品自体も分解して部品を別で使用することも出来ます。リサイクルやリユースの為に修理も可能なので、無駄がなく何度も繰り返し使用して頂けます。

映像コンテンツを変更するだけで、訴求力がアップしたり、ターゲットを変えてアプローチできる点でも、LEDビジョンを長く使用して頂けるポイントです。
耐用年数は最大10年程と言われており、SDGsの12番「つくる責任、つかう責任」に該当すると考えています。

紙媒体の広告からデジタル広告へ

紙の広告の懸念ポイントは、何度も張り替える手間と、資源が毎回必要だということです。
デジタルの広告は、その点最初の導入からは、システムの世界での変更の為、コンピューターがあれば可能です。

また、新聞紙や雑誌もデジタルでご覧頂けるシステムが広がり、紙媒体での広告量が年々低下している傾向にあります。

エネルギーとしては紙媒体よりかは継続してかかりますが、LEDを使用しているので、省エネで、企業や施設の電球も次々にLEDへと取り替えが行われています。

アナログ広告よりもLEDビジョンの訴求力はより高い為、集客力も期待されます。

ブランド力

LEDビジョンは導入コストがかかるというデメリットがある為、言い換えると「ブランド力」があります。
自由自在なフォームで、自由自在なコンテンツを使用し、より経済を発展させる為にブランディングとしてLEDビジョンを導入して頂ける機会も増えて参りました。

今や導入して頂くお客様の業界は問わず幅広い分野で活躍されるお客様に導入頂いてます。
そのようなお客様のブランドをブランドたるものにしています。

こちらはLOUIS VUITTON の入り口のLEDパネルで作成されたオリジナルビジョンです。
LOUIS VUITTONのブランド力が現れた素敵なLEDビジョンです。

LOUIS VITTON 銀座並木通り店 | webページ

LEDビジョンなら、ライトリンクジャパン

弊社は、深圳の株式会社ライトリンクの日本総代理店です。その為「高品質のLEDパネルをリーズナブルに」ご提供が可能です。

また弊社が運営をしているPS Laserでは特殊照明機器を扱っている為、空間デザインをワンストップで行うことができます。
是非この機会にご検討ください。

 PS Laser | 舞台照明や特殊照明機器販売・レンタル |ホームページ

お問い合わせはこちら

↑トップへ戻る